納涼記

はやく人間になりたい。

インターネット日記遍歴

久しぶりにブログを始めてみようと思う。

 

オンラインで日記を最初に書き始めたのは、遡ること十五年以上前。

インターネット黎明期に、簡易のホームページサービス的なものがあって、そのコンテンツの一つとして日記があった。

 

当時中学一年生ぐらい。

学校にあまり友達がおらず、趣味の世界で生きていたので、日記は自分の思いを発散する場所だった。

結構抽象的な、中途半端に哲学的な、なんだか人生論的なものを書いていたような。

思い出しただけで冷や汗ものだけど、当時好きだったバンドとかは山ほどあって、それについてのサイトだったにも関わらず、日記はそういうわけのわからないことばかり書いていた気がする。

 

ちなみに、現実逃避が得意だったので、暗い内容を書いた記憶はない。

しんどいことがあっても、それを自分はこんな形で消化するぜ的な、達観した内容を書きたいお年頃だったのかもしれない。

 

その後、サイトは開店休業状態になり、ブログの先駆け的存在だった日記サイトMEMORIZEに移行。

ここでも、なにかと悟った内容や批評とかを書くことが多くて、当時2ちゃんV系板の「痛い日記スレ」的な場所に晒されたことがある。

奇跡的に叩かれはしなかったけど、「内容はまともだけど、なんでこんなに上から目線?」とか「自演乙」とか言われてた。

ちなみに、晒された記事は、当時ロリータファッションに身を包んでいたので、各ブランドに対する批評的なもの。

服は可愛らしいものを着ていたけど、文体は当時といまであまり変わってない。

 

そこからジャニヲタになったりしている間にMEMORIZEライブドアに吸収されて、エンピツとかいろいろ試してみたけれど、あまりしっくりこなかった。

最終的にはJUGEMで落ち着いたけど、その頃には高校生になっていて、普通っぽい友達もできて普通っぽいことも楽しもうとしていた時期なので、更新はぐっと減った。

 

短大生になって、当時まだ招待制だったmixiを始めて、社会人になってFaceBookを始めてと、一通りのSNS社会を経験して、結局いま生きてるのは独り言用に登録したTwitterだけ。

FBはいまでもたまに覗くけど、更新はずっとしてない。

 

そんなわけで、このブログも継続できるかはわからないけれど、いろいろあって暇人になる予定なので、できれば書いていきたい。