今日から無職です。

勢いで会社をやめてしまった人の日記帖です。

自己紹介をします。

無職記念に自己紹介をします。

 

大阪在住、1986年生まれ、わけわかんない短大卒です。

短大では遊んでバイトして谷崎潤一郎に関するなにかしらの卒業制作を提出しました。

 

世代的には、四年制大学に通っていればリーマンショック直撃世代なのですが、短大卒で二年で社会に放り出されたので就活は特に苦労していません。

というか、就活をあまり真面目にやらずに就職しました。

自己分析とかSPIなんて経験がなさすぎて、初めて転職した時に頭を抱えたもんね!

 

いままでやってきた仕事ですが、新卒で6年半ほどアパレル販売をやり、販売に飽きて広告・出版系の会社で営業と編集を2年弱やり、某保険会社で資格だけ取ってなにも売らずに辞める給料泥棒を2か月弱やっていたら骨折したのでそれを言い訳に辞め、直近のIT企業でも営業を2年やってました。

 

どの業界もわりと濃かったのと、無職無職いってるけど仕事自体はどれも楽しかったのでおいおいこの日記に書いておきたい。

楽しいけどすぐ飽きるのいくない。

 

あと、交友関係が狭い人間なので、以前勤めていた会社の同僚と付き合ってもう2年以上同棲してます。

転職したり骨折したり無職になったりしてお金を豪快に使うのがこわいのでちっとも引っ越せません。

元々一人暮らしをしていた1K6畳のマンションに相手が越してきた形なので、まじで狭い。引っ越したい。

でも生活費はほんとに安い。家賃4万8,000円を二人で折半ですよ奥さん。

 

最近は無職生活を満喫中なので、寝て起きてごはん食べて映画観て本読んで、さすがに自分が家にいるので晩御飯は二人分つくってネットサーフィン(死語?)してたらわりと一日が終わっていく。

平日はスーパーと本屋にしか行かなさ過ぎてまずい。

 

このブログを書きながら、せっかく平日に自由の身なんだからもっと出かけようって思いました。

明日の昼には忘れてる予定です。

 

最近の悩み事は、とりあえずハイボールという選択が人生の上でちょろすぎて、家にウイスキーを常備して作り始めたあたりから、お店で出されるハイボールの味に若干こだわりはじめてしまったことです。

いやだ安い居酒屋で薄いお酒を出されてもけらけら笑えるままでいたい。